上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の投稿はなんとも感情だけで書きなぐられた内容だったので、読み返して自分が一番驚きました。

まぁ、誰が読むわけでもないんで自由でいいんだけどね。


今日ふと思ったのは

「好きだった人」

って言葉っておかしくないかって話です。


めちゃくちゃ唐突。



大学2年間片想いしてた人に私は最後のやりとりで「しあわせになってください」って伝えたんだけど、

その人はどうやら今最高に悩んでるみたい。

ほんと希望が見えませんって感じ。


でも私がそれを知ったところでフラれてるから

悩んでることを聞くことも

安い励ましの言葉をかける権利も

私にはないんだなって思ったんですよ。



告白するって言うのは色々犠牲にしなきゃいけないんだな。

違えば、「好きだった人」になっちゃうんだな。


ってね。


でもよくよく考えてみるとね

好きだった人ではないんですよ。


好きな人


の方が自分的にはしっくりくる。


だって好きだもん。



あ、でも未練があるとかそういう話じゃなくって


好きだった人はいつまでも好き


って話です。



フラれたからって嫌いになるわけないんです。

そんな0か100でしか答えが出せないわけないんじゃないんですかね。



あー、さっきまで結構真剣に考えてたんだけど、いかんせん寝不足で頭が働かない。

まぁ、結局言いたいのはどうやってでもしあわせになってくれってことです。

しあわせを願うくらいなら許してもらえるでしょ?



本当に本当に嫌になった時にでも


「俺のこと好きになってくれる人っていたんだな」って思い出してもらえればもうこれ以上のしあわせはないね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3curious3blog3.blog64.fc2.com/tb.php/426-aa71b6cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。